東京都内の安くておしゃれなホテル9選!旅行で泊まるならココ!

オススメ

※2021年6月に一部記事内容が更新されました。

都内で旅行をする際、大切なのがホテル選びです。できればおしゃれで可愛いホテルに泊まりたいですよね。でもお金が無いから無難なところで…なんて考えているあなた、ちょっと待ってください!実は都内には安くておしゃれなホテルがたくさん存在するのです。ということで本記事では、おしゃれかつ安いホテルを5つ紹介していきます!出費を抑えながらも楽しくおしゃれな旅をすることが可能です。

1.Hamacho hotel tokyo(浜町ホテル東京)


〈画像出典/agoda〉
コンパクトながらすぐ近くに緑を感じられる客室、誰もが気軽に利用できるラウンジやレストラン、工房を併設したチョコレートショップなどを通して、日本橋浜町”自家製”のおもてなしを感じられるホテル。それが「Hamacho Hotel Tokyo」です。
都会であることを忘れてしまうようなおしゃれで居心地の良い空間は、仕事だけでなくレジャーやファミリー利用にも対応しているため様々な用途で楽しめます!

ーお部屋タイプー

・SEMI-DOUBLE ROOM セミダブルルーム
(ミニマルで機能的な室内は仕事に適したデスクもあるため、ビジネス利用としてもぴったり!)

〈画像出典/公式HP〉

・DOUBLE ROOM ダブルルーム
(足を投げ出せる機能を持たせたベンチソファーでリラックス空間を)

〈画像出典/公式HP〉

・CORNER DOUBLE ROOM コーナーダブルルーム
(2面に窓が広がる開放的なお部屋。広めの浴室と独立した洗面化粧台があります)

〈画像出典/公式HP〉

・TWIN ROOM ツインルーム
(2台のシングルベッドと荷物を置いたり足を投げ出せるベンチソファーがあります)

・UNIVERSAL ROOM ユニバーサルルーム
(段差がなく誰でも利用できるこちらのお部屋。大人3名まで利用可能です)

・FAMILY ROOM ファミリールーム
(家族で過ごせるように設置された広めの浴室と独立した洗面化粧台。大人3名でも快適に利用できます)

・TERRACE ROOM テラスルーム
(寛ぎとともに書斎のような使い方もできるこちらのお部屋。併設するバルコニーに空間の広がりを感じます!)

・PREMIUM TERRACE ROOM プレミアムテラスルーム
(1室のみの特別客室!他客室とは異なる現代のインテリアデザインが魅力です)

また、1階には街のダイニングをコンセプトとした「SESSION」というレストランが併設されています。


〈画像出典/公式HP〉

時間帯別に朝食、ランチ、カフェ、ディナーが提供されているので、ぜひ利用してみてください。ちなみに朝食はブッフェスタイルで、宿泊予約の際に朝食を付けていなかった場合は1,800円でチケットを購入し、利用することができます。
さらに「Hamacho Hotel tokyo」はチョコレートショップもあり、宿泊者にはウェルカムチョコレートが貰えます。もしもっと食べたい!となったら追加でお土産として購入することも可能!◎
こんなに便利で、しかもおしゃれな空間。もしかして結構値段するんじゃないの?と思った方。「Hamacho Hotel Tokyo」はとってもリーズナブル!
DOUBLE ROOMは1人あたり¥4,500〜TWIN ROOMは¥3,125〜!学生旅行でも全然手を出せる値段!安いのにおしゃれな旅を叶えてくれる最高のホテルです。

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/171899/171899.html

〈アクセス〉都営新宿線「浜町」駅(A2出口)徒歩6分

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-20-2

2.Cen diversity Hotel&Cafe(セン ダイバーシティー ホテル&カフェ)


〈画像出典/agoda〉
新大久保にある「HOTEL SEN(ホテルセン)」は、44室のプライベートルームと街の喧騒とは遮断されたオープンテラス付きのカフェを備え、全ての人が自分らしく過ごせるホテルとなっています。周辺には韓国、その他東アジア諸国の異国情緒溢れる街並みが広がっていて、グルメや美容のお店が賑わいます。

ーお部屋タイプー
「HOTEL SEN」は全44室のうち、41室がダブルルーム、3室がデラックスダブルルームとなっています。シックな色合いの部屋に温かい色の間接照明は、客室内で写真を撮った際にはかなり映えるようです。おしゃれ!

・スタンダードダブルルーム

〈画像出典/agoda〉

・デラックスダブルルーム

〈画像出典/agoda〉

こだわりのバスアメニティーの香りは、眠る前に至福のひとときを与えてくれます。

また、併設されているカフェは開放的な2階テラス席、ラグジュアリーな中庭席、店内席の67席とかなり大きめ。昼はカジュアルにランチが楽しめ、夜はムーディーな雰囲気の中食事やアルコールが楽しめるようになっています!
そんな「HOTEL SEN」ですが、お値段はかなりリーズナブル。カジュアルでおしゃれな空間を提供してくれているにも関わらず、スタンダードダブルルームは¥3,450〜と超格安!新大久保は韓国好きにはたまらないエリアなので、観光するのであればこちらのホテルはオススメです!
もちろん渋谷・原宿などのお決まりエリアへも近いのでぜひ!

〈公式HP〉https://hotelcen.com/index.html
〈アクセス〉JR「新大久保」駅徒歩6分

〒169-0073
東京都新宿区百人町1丁目5-19

3.DDD HOTEL(ディーディーディーホテル)


〈画像出典/じゃらんnet〉
「DDD HOTEL」は、現代の都市に生きる人のためのコレクティブホテルとされています。30年以上続いたビジネスホテルを全面改装して生まれた空間には、客室のほかに、アートギャラリー、キッチンスペース、カフェ&バーなどの文化施設が併設されており、様々なフィールドで活躍するクリエイターたちが活動を展開しています。

ーお部屋ー

・MINIMAL DOUBLE ROOM ミニマルダブルルーム
(DDD HOTELのエッセンスが体験できるダブルベッドが1台配置されたコンパクトなお部屋。お 荷物の小さい人や、一人の利用にお勧めされています。)

〈画像出典/公式HP〉

・STANDARD TRIPLE ROOM スタンダードトリプルルーム
(2段ベットが1台、シングルベッドが1台用意されたお部屋。グループでの利用に最適!)

〈画像出典/公式HP〉

・SUPERIOR TWIN ROOM スーペリアツインルーム
(ダブルベッドを2台設置したハリウッドツインタイプのお部屋。)

〈画像出典/公式HP〉

・SUITE ROOM スイートルーム
(ツインタイプの特別なお部屋。記念日などの利用にオススメです!)

〈画像出典/公式HP〉

また、2階では朝食やデスクワークを行うことができます。24時間開放されており、10:00-18:00の間はバリスタが淹れる美味しいコーヒーや、紅茶、ハーブティーを楽しめる最高の空間。朝食はプラス¥1,500で、ブッフェ形式となっています

気になるお値段ですが、MINIMAL DOUBLE ROOMは一人¥3500〜STANDARD TRIPLE ROOM(3名一室の場合)は¥4,000〜SUPERIOR TWIN ROOMは¥6,000〜となります。しっかりと一万円をきっています。安い!ちなみにスイートは¥14,000〜なので、今回は出費を抑えたいという方は他のお部屋の方がいいかもしれません。安いのに大人おしゃれな空間を提供してくれる、「DDD HOTEL」。ぜひ行ってみてください!

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/176798/176798.html

〈アクセス〉JR「馬喰町」駅(C4出口)徒歩2分

〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町2-2-1

4.LYURO 東京清澄(リュウロ 東京清澄)


〈画像出典/公式HP〉
LYURO(リュウロ)東京清澄は、隅田川沿いに立つリバーサイドホテルです。このホテルの魅力はなんと言っても、おしゃれなデザインと、River Viewのお風呂!トイレとは別になっているのが女の子にとっては嬉しいですよね。
ただ、個室部屋とドミトリー(カプセルホテルのような部屋)とで別れており、ドミトリーの方はバス・トイレが共有になっているので、共有に苦手意識がある方や川を眺めながらお風呂に入りたい人は注意しましょう!ただ、共有と言っても大浴場のようなものではなく、個室のシャワーブースなのでプライバシーの問題は大丈夫です◎(ドミトリー以外でも共有バスのタイプの部屋があるので後ほど説明します)

ーお部屋ー

・STANDARD DOUBLE(最大2名) スタンダードダブル

〈画像出典/公式HP〉

・STANDARD 4(最大4名) スタンダード4

〈画像出典/公式HP〉

・COMPACT DOUBLE(最大2名) コンパクトダブル
※このお部屋は個室ですが、シャワーとトイレが共有です。しかし専用の洗面台はついてます◎

〈画像出典/公式HP〉

・BUNK BED 4(最大4名) バンクベッド4
※このお部屋もシャワーとトイレが共有、専用の洗面台はついてます◎

〈画像出典/公式HP〉

・SHARED 4 シェア4
※シャワーとトイレが共有です
・Bed in MIXED DORMITORY
※シャワーとトイレが共有です

また、LYUROには2階にカフェが併設されており、朝食〜ディナーまで利用可能です。朝食はKIYOSUMIクラムチャウダーと季節のヴィーガンスープから選ぶことができ、どちらも¥1,320となります。
“かわてらす”と呼ばれるテラス席で食べることもできるので、天気のいい日はそこでリフレッシュな朝を過ごすのもいいですね!
さて、お値段ですが、COMPACT DOUBLEの場合は¥3,750〜となります。安い!カップルで、お風呂が共有でも気にならない方はここでもいいかも。専用のお風呂でプライベート感を出したい!という方は、STANDARD DOUBLEで一人あたり¥4,700〜、もしくはSTANDARD 4で¥6,000〜のお部屋がオススメです!
お風呂とトイレが分かれていてこのお値段はかなり安いですね。おしゃれでインスタ映えも狙えそうです。
川のそばで気持ちいい朝を迎えたい方はぜひ、泊まってみてください。

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/160831/160831.html

〈アクセス〉東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅(4番出口)徒歩10分

〒135-0024東京都江東区清澄1丁目1-7

5.Hotel Shiro(ホテル シロ)


〈画像出典/公式HP〉
「Hotel Shiro」は西池袋にある”白”をコンセプトとしたホテルです。3組のデザイナーが手がけた全室が異なる味わいをもつ客室や、街に向かって設計されたのびやかな外階段はシンプルなのに、とても洗練されていておしゃれです。
さらにこのホテルには、見晴らしのいいグランピングスペースが存在します!定員は4名。寒い季節でも、暖房設備が整っているため安心です。まさに新感覚ステイ。水着を持参すればジャグジーにも入れるので、この場所でしかできない過ごし方をしてみましょう!

ーお部屋ー

【2F〜4F】 MINIMAL MODERN ROOM ミニマルモダンルーム

〈画像出典/公式HP〉
室内環境だけで奥行きを作り出すことにより得られる開放感と機能を両立させるため、ホテルの客室に求められる本質はそのままに、余分なものを徹底的に排除しミニマルかつ質の高い空間を提供しています。

【5F〜7F】 WEST COAT ROOM ウェストコートルーム

〈画像出典/公式HP〉
建築デザインのコンセプトを取入れながら、旅人の東京での滞在をより刺激的なものになるようにデザインされたお部屋。手仕事が感じられる素材感と、つかれた身体を癒してくれるやわらかい質感のファブリックを多様したインテリアデザインが特徴です。

【8F〜10F】 MORDEN JAPANESE ROOM モダンジャパニーズルーム

〈画像出典/公式HP〉
部屋が路地的な外廊下に直接面していて、伝統的な日本旅館のような縁側アクセスと土間を持つ部屋の構成は、新しく現代的でありながら日本的でもあります。障子と引き戸を開け放てば、池袋の町並みが眼下に広がり、”街”をすぐそこに感じることができます。

お部屋は各フロアCompact Double(コンパクトダブル)、Standard Double(スタンダードダブル)、Deluxe Double(デラックスダブル)が存在します。最上階のグランピングスイートのみ、penthouseとして定員が4名となります。

また、1階にはCAFE 白梟があり、そこで朝食を食べることも可能です。サラダ、ドリンク付のトーストセット(¥680)は、銀座「に志かわ」の高級食パンが使用されています。贅沢…!朝の7時からオープンしているので、早めに出発する人も安心です◎
さて、お値段ですがCompact Doubleが一人あたり¥4,990〜Standard Doubleが¥5,490〜Deluxe Doubleが¥6,490〜となります。安い。とても安い。ちなみにグランピングスイートは4人で宿泊すると¥7000〜になります。ただし、BBQの値段は別になるので気をつけましょう!
もちろんそれでも安いですが。
色も形もおしゃれな「Hotel shiro」。それでいて値段は安いため、気軽に行けそうです。
皆さんもぜひ泊まってみてください。

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/179936/179936.html

〈アクセス〉JR「池袋」駅西口(C1出口)徒歩2分

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-12-12

6.toggle hotel suidobashi(トグルホテル水道橋)


〈画像出典/公式HP〉
2021年4月1日にオープンしたこのホテルは、首都高速道路、総武線・中央線、神田川が交差する東京らしいユニークなロケーションに位置しています。
このホテルの魅力はなんといっても、その独創的な部屋のデザイン。特に他のホテルとは違い、そのカラーにこだわりがあるようです。すぐ近くには東京ドームがあるため、ライブ終わりやアクアガーデン(ドームシティ内の遊園地)などに遊びに来る際の宿泊でも便利ですね!
それではさっそく、話題のお部屋を見ていきましょう!

ーお部屋ー

・Standard Room(最大2名) スタンダードルーム

〈画像出典/公式HP〉
・Loft Room(最大3名) ロフトルーム

〈画像出典/公式HP〉
・Premier Loft Room(最大4名) プレミアロフトルーム

〈画像出典/公式HP〉
・Corner Room(最大2名) コーナールーム

〈画像出典/公式HP〉
・Balcony Room(最大2名) バルコニールーム

〈画像出典/公式HP〉
・Universal Room(最大2名) ユニバーサルルーム

〈画像出典/公式HP〉
・Connecting Room(最大5名) コネクティングルーム

〈画像出典/公式HP〉

独特の2色をベースとしたお部屋のデザインが可愛らしいですね。女性にとっては心躍る空間なのではないでしょうか。ロフトルームがあるのも、ホテルにしては珍しいと思います。

また、このホテルの最上階には「cafe&lounge」が併設されています。

〈画像出典/公式HP〉
ここではモーニングタイム(7:00-10:00)、カフェバータイム(10:00-23:00)を楽しむことができるうえ、カフェタイムは宿泊者以外の方もご利用可能です!
新しくできたホヤホヤのホテルということもあり、オシャレなお食事がご用意されているので宿泊の際はぜひ、利用してみてください!

そして気になるお値段!
かなりロケーションがよく、かつおしゃれなデザインの「toggle hotel suidobashi」ですが、お値段もとてもリーズナブル!しかも現在(2021年6月)はオープニングプランなので、さらにお安くなっています!

一人あたり、

・Standard Room / ¥4,400〜(税込)
・Loft Room / ¥5,050〜(税込)
・Premier Loft Room / ¥6,200〜(税込)
・Corner Room / ¥4,600〜(税込)
・Balcony Room / ¥7,150〜(税込)
・Universal Room / ¥5,000〜(税込)

リーズナブル!!!
一番お安いのはスタンダードルームで、一人あたり¥4,400〜。ちょっと贅沢なお部屋に泊まりたいな、とバルコニールームを選択しても1万円をきっています。手を出しやすい値段ですね!
独創的なホテルを楽しみたい、新しいホテルに泊まってみたいという方はぜひ、行ってみてくださいね。

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/182121/182121.html

〈アクセス〉JR水道橋駅西口より徒歩約3分、JR飯田橋駅東口より徒歩約4分

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-4

7.MUJI HOTEL GINZA(ムジホテル銀座)


〈画像出典/公式HP〉
MUJI…?と思ったそこのあなた。そう、このホテルはあの有名ブランド「無印良品」が手がける日本で唯一の旅のお宿なのです。室内に置いてあるアメニティーやアイテムの多くは「無印良品」の商品で、気に入ったものがあれば階下の店舗で購入が可能です。
お部屋は全部で79室。研究されたマットレスを使用したベットに優しい触り心地のタオル、安らかな眠りを提供する照明など、心休まる空間が魅力的です。
それではそのお部屋を、値段と一緒にご紹介していきます。

ーお部屋ー

・TYPE A(最大2名) セミダブル
/ 一人あたり¥9,950〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・TYPE B(最大2名)ダブル
/ 一人あたり¥13,950〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・TYPE D(最大3名)ツイン
/ 一人あたり¥17,950〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・TYPE F(最大3名)ハリウッドツイン
/ 一人あたり¥18,450〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・TYPE G(最大3名)2段ベッド
/ 一人あたり¥14,950〜

〈画像出典/公式HP〉
・TYPE I(最大4名)ツイン
/ 一人あたり¥27,950〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉

超安い!!!……と、いうわけではないかもしれません。正直他のホテルよりはお値段が張ってしまいますね。ただ、「無印良品」という有名ブランドのホテルにも関わらず、日本でたった一つの店舗と考えると、頷ける気もします。そしてなんといっても、おしゃれです。

ちなみにこれは公式かつ通常のお値段。現在(2021年6月)は開業2周年プランが組まれていたり、ホテル予約サイトでは割引がきいていたりするので、より安い方で予約することをオススメします!
ちなみに室内には壁掛式Bluetoothスピーカーがついています。優雅に音楽を流して最高のひと時を楽しみましょう!

さらにさらに、「MUJI HOTEL GINZA」には様々な施設があります。
朝食(宿泊者のみ)〜夕食まで楽しめる「WA」。ふるさとの味を堪能できる和食店です。

〈画像出典/公式HP〉
また、ちょっと大人なクラシカルな雰囲気を味わうことのできる「Salon」。厳選されたコーヒーや紅茶、カクテルを楽しめます。

〈画像出典/公式HP〉
そして500冊ほどの書籍が集まる「Library」。和書、洋書、注文書を読むことができます。

〈画像出典/公式HP〉

少し贅沢をしたい、優雅なステイを楽しみたいという方には是非おすすめの「MUJI HOTEL GINZA」。ぜひ行ってみてください!

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/181069/181069.html

〈アクセス〉東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座」駅 B4出口より徒歩3分

〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目3−5

8.LANDABOUT東京(ランダバウト東京)


〈画像出典/公式HP〉
こちらも比較的新しい、2020年1月にオープンした鶯谷にあるおしゃれホテルです。鶯谷といわれても、東京住みの人以外には馴染みがないかもしれません。簡単に説明すると、鶯谷は上野・浅草などの人気観光エリアに近い、便利な地域です。
さて、そんな鶯谷から徒歩3分ほどの距離にある「LANDABOUT東京」は、とにかくおしゃれ。そして可愛い!
若い女性からは「インスタ映えする!」「今流行りの韓国風ホテル」などと、話題を集めています。
まずはお部屋とその値段を見てみましょう!

ーお部屋ー

・COMPACT DOUBLE(最大2名)コンパクトダブル
/ 一人あたり¥3,950〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・COMPACT TWIN(最大2名)コンパクトツイン
/ 一人あたり¥3,950〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・STANDARD TWIN(最大2名)スタンダードツイン
/ 一人あたり¥4,370〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・DELUXE TWIN(最大2名)デラックスツイン
/ 一人あたり¥6,290〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・CONNECTING(最大4名)コネクティング
/ 一人あたり¥4,450〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・FAMILY (最大5名)ファミリー
/ 一人あたり¥3,990〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉

衝撃価格です…!!安い!!アパホテルと同じくらいの値段で、こんなにおしゃれなホテルに泊まれるなんて素敵ですね。
しかし、「LANDABOUT東京」はお部屋だけでなくアメニティにまでこだわりが。

確かに「韓国風」を感じるデザインですね。Instagramではこのアメニティを載せる人も多いほど、おしゃれです!

ちなみに1階はカフェ&バーになっていて、オールタイムで利用可能です。

〈画像出典/公式HP〉
特に朝食は大人気。宿泊するなら確実に食べておきたいところです!こだわりのパンに、フレッシュな野菜と自家製のドレッシングを自分でセレクトする、あなただけのオリジナルサンドが食べられます!

〈画像出典/公式HP〉
宿泊のプランに朝食が含まれていない場合、プラス¥1,200追加で宿泊者以外も楽しむことができます!
さて、おしゃれで可愛い、そして安い!今女性を騒がせている「LANDABOUT」に、ぜひ泊まってみてください!

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/178477/178477.html

〈アクセス〉JR「鶯谷」駅より徒歩3分

〒110-0003 東京都台東区根岸3-4-5

9.KAIKA東京(カイカ東京)


〈画像出典/公式HP〉
続いて紹介するのが、今若者に人気を呼んでいる「KAIKA東京」です。こちらのホテルは築54年の倉庫がリノベーションされたもので、現代アートが公開保管されているのが魅力の一つ。まるで美術館に泊まっているかのような気分を楽しむことができる、まさに新感覚ホテルです。
あの人気エリア〈浅草〉まで、徒歩8分ほどという超好立地に位置しているため、東京観光の拠点としても活用することができます。

ーお部屋ー

・コンパクトダブル(最大2名)
/ 一人あたり ¥3,750〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・スタンダードダブル(最大2名)
/ 一人あたり ¥4,750〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・スタンダードツイン(最大2名)
/ 一人あたり ¥4,750〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・スタンダード4(最大4名)
/ 一人あたり ¥2,400〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・ロフト4(最大4名)
/ 一人あたり¥2,550〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・スーペリア4(最大4名)
/ 一人あたり ¥4,050〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・バンク6(最大6名)
/ 一人あたり ¥2,700〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉
・コンセプトルーム(最大2名)
/ 一人あたり ¥6,825〜(税込)

〈画像出典/公式HP〉

はい、とっっても安いです。お部屋も多種多様なため、カップルからファミリー、グループ旅行など様々なシーンでの利用が可能です。
さらに嬉しいのが、バスとトイレがセパレートタイプなこと。

〈画像出典/公式HP〉
リーズナブルなホテルだと、ユニットバスなんてことも珍しくありません。しかし「KAIKA東京」は全室バスとトイレが分けられているため、特に女性には嬉しい造りとなっています。

そしてこのホテルの大目玉、現代アートギャラリーは1階とB1階に展示されています。

〈画像出典/公式HP〉
1階の「ART STORAGE」は宿泊者以外の閲覧も可能なので、ぜひ足を運んでみてください。絵画や彫刻、工芸など様々な作品を収蔵・展示しているため、現代アートシーンの裏側を楽しむことができます。
また、1階はその「ART STORAGE」と併設したバーラウンジもあるため、アート作品の鑑賞をしながら落ち着いた時間を過ごすことができます。1,650円(税込)で素敵な朝食をいただくこともできるので、ぜひ利用してみてくださいね!

〈楽天トラベル〉
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/178476/178476.html

〈アクセス〉都営浅草線「浅草駅」徒歩8分・「本所吾妻橋駅」徒歩9分 / 都営大江戸線「蔵前駅」徒歩9分

〒130-0004 東京都墨田区本所2-16-5

まとめ

いかがだったでしょうか。都内は泊まる場所が多く悩んでしまうかもしれませんが、せっかくならおしゃれで安いところに泊まって旅を充実させましょう!今回紹介したホテルはどこもインスタ映えが叶うおしゃれホテルなので、ぜひ泊まってみてくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。